アンダーグラウンドな恋愛を通じて揺れ動く心を綴っております。 大人の交流が出来れば幸いです、どうぞ宜しくお願い申し上げます。



プロフィール

櫻井ゆき ☆YUKI SAKURAI☆

Author:櫻井ゆき ☆YUKI SAKURAI☆
2013年3月12日、Amazon Kindle にて電子書籍作家デビューしたのを機に、ブログを始めました。
ここでは私の非日常のあれこれを綴りながら、少しずつ皆様と交流を深めていきたいと思っております。

私のTwitterはこちらです。

**写真集**
『服従』SM写真集
服従

『縄に魅せられて』緊縛写真集
縄に魅せられて

『ニンフォマニアの白昼夢』蛍光緊縛アート写真集
ニンフォマニアの白昼夢

『放置 ~置き去りにされたチアリーダー~』
放置

『モノトーンの支配』緊縛写真集
服従

『拘束』緊縛写真集
拘束(緊縛写真集)

『異国の肉奴隷(フォトブック版)』
異国の肉奴隷(フォトブック版)


**小説・エッセイ**
『妄想で調教されたM女の記録』
妄想で調教されたM女の記録

『大人のパーティーで学ぶ仕事術』
『大人のパーティーで学ぶ仕事術』

『失恋したあなたへ 嫉妬に苦しむ心の処方箋』
失恋したあなたへ 嫉妬に苦しむ心の処方箋

『乱交・SM・ハプニングバー初体験記』
乱交・SM・ハプニングバー初体験記

『ヌーディストビーチ・性感マッサージ初体験記』
ヌーディストビーチ・性感マッサージ初体験記

『カップル喫茶は大人の遊びです』
カップル喫茶は大人の遊びです

『櫻井、乱交やめるってよ』
櫻井、乱交やめるってよ



カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



リンク



ブロとも一覧


SMデータベース

鞭調教師 紅龍華のやっぱり鞭が好き。

縄艶 Jouen

             春姫の告白部屋♪ 縛末塾

癒縄 命羅のロープヒーリング

女王様動画 女尊男卑

フリーセックス倶楽部 通信

Momoka Photo Style **

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

B-Rope

★Humiliation★~支配と~

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

きままに書いてる SM小説



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緊縛写真を撮られたい ~プロローグ~
私が初めて「緊縛」を知った時は、たくさんある大人のオモチャの一つ、という認識しかありませんでした。
拘束プレイをする場合、手錠やボンテージテープはお手軽で便利ですが、縄で縛るともっと本格的!くらいにしか思っていなかったのです。

もともと、軽い拘束プレイは好きでしたし、そのなかでも、緊縛された女性はとても色っぽく、綺麗に見えました。
日本人のDNAが麻縄に何かを感じ取ったのでしょうかww 単に、手錠やボンテージテープよりも手間がかかる分、希少性が高いように感じたのも知れませんが。

やがて、機会があって、緊縛写真を撮っていただけることになりました。

緊縛写真の何がいいかって、自分でポーズをとらなくてもいいところかも知れませんww

※ プロのモデルさんでしたら、拘束された状態であろうと何だろうと、体のひねり具合とか、僅かに動かせる指の先の動き等々、いろいろ考え抜いているのかも知れませんが、ここで言っているのは高度な商用レベルの作品作りではなく、あくまで個人的な記念として写真を撮ってもらう場合です。

素人がエロ的な写真を撮ってもらう場合、表情とかポーズとか出来る人ってあまりいないと思うのですよ。
その点、緊縛写真だと、ただ縛られているだけでいいので、私にも出来るかと思ったのです。
もっとも、私は表情にエロさがないという致命的な欠陥がありますが、緊縛写真の場合は緊縛のインパクトが強いので、顔が隠れていても何となくサマになるという利点もあります。

多分、私の表情や仕草は、相手を欲情させるものではない。
私は相手を欲情させるために存在している訳ではないのだから、それは決して悪いことではありませんが、そういう要素が私からまるっきり抜け落ちていることは、私の大きなコンプレックスでした。

緊縛してもらったところで、私は私でしかなく、急に色っぽくなれる筈もなかったのですが。


多分私は、緊縛のことを何も理解できていません。
ショーや、ガチの緊縛は、何度か拝見しましたが、「すごいな~」「きれいだな~」「上手だな~」という感想しか抱けない自分が悲しくなりました。そして、その悲しさを共有してくれる人は限りなく少ないのだということを知りました。

ガッツリ緊縛していただいたことも何度かあります。その結果、閉所恐怖症になりました。怖い目や辛い目にあった訳ではありません。ただ、「いつ終わるんだろう…私には無理だ…」という絶望感が少しずつ溜まっていきました。


結局、何も見つからなかった。でも、「本当の自分」なんて、多分、ない。

私に残されたのは、奇跡のような写真の数々。
もう思い残すことはありませんが、少しずつ振り返ってみたいと思います。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。