アンダーグラウンドな恋愛を通じて揺れ動く心を綴っております。 大人の交流が出来れば幸いです、どうぞ宜しくお願い申し上げます。



プロフィール

櫻井ゆき ☆YUKI SAKURAI☆

Author:櫻井ゆき ☆YUKI SAKURAI☆
2013年3月12日、Amazon Kindle にて電子書籍作家デビューしたのを機に、ブログを始めました。
ここでは私の非日常のあれこれを綴りながら、少しずつ皆様と交流を深めていきたいと思っております。

私のTwitterはこちらです。

**写真集**
『服従』SM写真集
服従

『縄に魅せられて』緊縛写真集
縄に魅せられて

『ニンフォマニアの白昼夢』蛍光緊縛アート写真集
ニンフォマニアの白昼夢

『放置 ~置き去りにされたチアリーダー~』
放置

『モノトーンの支配』緊縛写真集
服従

『拘束』緊縛写真集
拘束(緊縛写真集)

『異国の肉奴隷(フォトブック版)』
異国の肉奴隷(フォトブック版)


**小説・エッセイ**
『妄想で調教されたM女の記録』
妄想で調教されたM女の記録

『大人のパーティーで学ぶ仕事術』
『大人のパーティーで学ぶ仕事術』

『失恋したあなたへ 嫉妬に苦しむ心の処方箋』
失恋したあなたへ 嫉妬に苦しむ心の処方箋

『乱交・SM・ハプニングバー初体験記』
乱交・SM・ハプニングバー初体験記

『ヌーディストビーチ・性感マッサージ初体験記』
ヌーディストビーチ・性感マッサージ初体験記

『カップル喫茶は大人の遊びです』
カップル喫茶は大人の遊びです

『櫻井、乱交やめるってよ』
櫻井、乱交やめるってよ



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



リンク



ブロとも一覧


SMデータベース

鞭調教師 紅龍華のやっぱり鞭が好き。

縄艶 Jouen

             春姫の告白部屋♪ 縛末塾

癒縄 命羅のロープヒーリング

女王様動画 女尊男卑

フリーセックス倶楽部 通信

Momoka Photo Style **

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

B-Rope

★Humiliation★~支配と~

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

きままに書いてる SM小説



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スズキレイジさんの緊縛写真展♪
デザインフェスタギャラリー原宿

デザインフェスタギャラリー原宿で開催されている、
スズキレイジさんの作品展に行って参りました☆

https://www.ropemagic.net/festa/

この方の写真は限りなく透明感があって、
本当に素敵ですよね…♡

スズキレイジさんが在廊されていたので、
作品図録(写真集)にサインいただきました♡
いっぱいお話も出来て、楽しかったです♪

スズキレイジさん2017

5月4日までやっていますので、お近くの方は是非!!
スポンサーサイト

「拘束しているART展」レセプションでお会いしましょう♪
昨日、搬入のついでに、「日本一美味しいショートケーキ」を食べに行きました♪
さすがに美味しかったです~♥ 巣鴨駅から徒歩5分!

ケーキ

このケーキが食べられるお店はこちらです。




で、何の搬入に行ってきたのかと言いますと…。
今日から11/6(金)まで巣鴨駅前スタジオで開催されている、
「拘束しているART展」です。



スペシャルゲストがとても豪華!

縁あって、私の写真も展示させていただいた次第です♥
David Toro さんに撮っていただいたので、まるで別人のように素敵に写ってます(笑)
  
  
  
「拘束しているART展」

【開催期間】
平成27年10月31日(土)~11月6日(金)
Open 12:00 ~ close 20:00  最終日 close 19:00
入場料 500円
※reception 11月3日(火・祝) 14:00 より

【会場】
Studio ability(巣鴨駅前スタジオ)「特設ギャラリー」
東京都豊島区巣鴨1-27-1 2階


 
  
  
11/3(火・祝)の14時より、レセプションがあります。
私も行く予定ですので、いらしていただけたら嬉しいです☆ (*^ ^*)

実物よりもリアルな緊縛写真
「緊縛写集」を初日に見に行きました♪

※ 「緊縛写集」写真展の詳細はこちら


KINBAKU TODAY に記事を寄稿したので、
それが掲載されてから日記をアップしようかと思っていたのですが、
掲載を待っていたら緊縛写集が終わってしまいそうなので、
文章だけ取り急ぎこちらにアップしまぁす☆


. 【10/31 23:20 追記】
. KINBAKU TODAY に掲載されました:
. http://www.kinbakutoday.com/kinbaku-shashuu/



この素晴らしさが、海外にも伝わりますように (*^ ^*)

---------------------------------
10/27から11/1までの6日間、東京のギャラリー新宿座で開催されている「緊縛写集」の初日に行って参りました。
これほど大きく引き伸ばした緊縛写真を見るのは初めてです。そして、その大きさを超えるほどのクオリティの高さ!

緊縛写集は、蓬莱かすみさんが中心となって計画したプロジェクトであり、クラウドファウンディングで実現しました。現在の緊縛界を代表する3人の緊縛師(奈加あきらさん・永遠さん・蓬莱かすみさん)の緊縛を、新進気鋭の写真家であるやすいきしょうさんが撮影して、大判写真で展示されています。

平日なのでゆっくり見ることが出来ましたが、時間が経つにつれてどんどん人が増えて行きます。週末は大変な混みようになることでしょう。
私が行ったときは、ちょうど蓬莱かすみさんと永遠さんとやすいきしょうさんが在廊していました。お声をかけさせていただいたところ、とても気さくにお話して下さって感激です。写真撮影にも応じて下さいました。
このあと、奈加あきらさんも会場にいらっしゃいました。

ちなみに、ギャラリー新宿座では、飲物を注文することもできます。珈琲とケーキ、あるいはビールとおつまみをいただきながら、リラックスして鑑賞することができるのです。

緊縛師・カメラマン・そしてモデルの皆さんが、作品を前に楽しそうに会話している姿を見て、その絆の深さを感じました。さらに、その仲の良さが決して馴れ合いにはつながらないのは、さすがプロです。素晴らしい作品を作りたいというそれぞれのプロ意識が一つになった結果なのでしょう。

カメラマンのやすいきしょうさんにお話を伺ったところ、なんと! 通常、ポートレートなどではシミやシワを消したりといった加工は行うものなのですが、今回の展示作品に関しては、修正や加工は一切していないそうです。緊縛ならではの荒々しさを、修正なしで表現したかったというのがその理由です。だからすごいリアルです。太股についた畳の跡や、乳房の産毛まではっきり確認できました。よくモデルさんがOKしたなぁと思うのですが、そこはお互いの信頼関係なのでしょう。

緊縛師の蓬莱かすみさんは、今回、奈加あきらさんのモデルも務めています。縛り手として撮影に参加するのと、受け手として撮影に参加するのとでは、どのように違うのかを伺ったところ、縛り手の場合は1日に4~5回も次から次へと縛ることもあり、とにかく忙しいけれども、受け手の場合は、相手にすべてお任せしている状態になる、と仰っていました。相手にすべてを委ねるって、頭では分かっていてもなかなか出来ないのですよね…さすがです! 受け手として撮影に参加するのはこれが初めてとのことですが、初めてとは思えないほど素晴らしい表情で、苦悶と恍惚を写真で表現していました。

永遠さんにもお話を伺ったところ、自分の緊縛を写真に残すようになったのは最近のことだと仰っていました。どのように撮影したら良いか分からないことだらけだと謙遜していらっしゃいましたが、ここにあるのは、友人たちといろいろ模索しながら撮影した、とても愛おしい作品たちなのだそうです。

このような写真撮影のための緊縛の場合は、ショーと同じく人に見られることが前提ですから、やはりプライベートな場合とは異なるそうです。「こうして見ると、横顔の写真が多いよね」「後手も見せようとするとどうしても横顔になるのかもね」といった会話も耳にしました。一方で、プライベートで受け手がしっかりと顔を上げる場面はそれほど多くないかと思いますが、撮影の場合はモデルさんの顔もしっかり写すために顔を上げてもらったりします。緊縛をどのように見せたら良いか、撮影に関わる人達みんなで一緒に考えながら創りあげていく過程は、プライベートな緊縛とはまた違った魅力があります。

東京では、ここ数年で緊縛写真の展示会がとても増えて来ましたが、今回の写真展のように一人のカメラマンの目線で複数の緊縛師の縛りを撮影した展示は今までになく、さらに、クラウドファウンディングを活用したのも初めてだと思います。

寄付をした方への特典はいろいろありますが、その中に、緊縛撮影があります。私が行ったときも、寄付の特典として蓬莱かすみさんに緊縛していただいた姿をやすいきしょうさんに撮影していただいているお客様がいて、彼女のご好意で少し見学させていただきました。かすみさんが持参の竹を取り出して、縄で梁から吊るして、吊り床の準備。そして初対面の女性の希望を聞きながら、丁寧に縄をかけていきます。大判の緊縛写真をバックにした生の緊縛は、まさに別世界。彼女にとって、一生の思い出になったことでしょう。

素晴らしい写真展を見せていただいて、本当にありがとうございました。
今回の「緊縛写集」のメンバーが、次はどんな試みをするのか、楽しみにしています。
---------------------------------

『倒錯展』始まりました!
倒錯展

こんなスケールの大きな展示会、
見たことないです!
すごいです!!

昨日が初日だったので、
1番ノリで見に行って参りました!(笑)

-----------------------------------------
『倒錯展』
~自由に内心を表現しよう
きっと誰かも気付いてくれる~

【会期】 2015年2月8日(日)~2月22日(日)
【場所】 ギャラリー新宿座 http://shinjukuza.jp/ 
【時間】 12:00~20:00 (最終日は17:00まで)
【入場料】 チケット1,000円(チケットの半券ご持参で会期中いつでも入退場可)
【出展者】
SMバーオーナー 紫護縄びんご
写真家 ooxo
美術家 酒井孝彦
画人 野崎晶
漫画・イラスト 榎本由美
画家・イラストレーター 近藤宗臣
緊縛写真作家 スズキレイジ
造形家 ピエール須田
画家 真木環
illust,drawing MOWARK
絵描き 絵葉書屋 長崎堂
見世物小屋の悪描童子 立日十三
イラストレーター 犬田いぬら
イラストレーター 優姫あさみ
-----------------------------------------


14名もの作家さん達の作品を
一挙に展示してある迫力☆

しかもテーマが「倒錯」ですから・・・

内面を曝け出して作品に込めたのだろうなぁ・・・
倒錯って、実はすごくピュアなのだと思います。

作家さん達それぞれが理想とする性愛の世界が、
写真やイラスト等の、
二次元の世界で表現されています。


昨日は、
お会いしてみたかった作家さん達が
たまたま在廊していて、
お知り合いになれた嬉しさよ♥

こんな素敵な作品を作る方々なのだから
さぞかし雲の上な感じなのだろうかと思いきや
すごく気さくに話して下さって、感激(≧∇≦)


展示会の枠にとどまらず、
イベントも開催されています♪
昨日はアルカディア東京(SMバー)オーナーの
堂山鉄心さんの緊縛ショーをやっていまして、
それも見て来ちゃいました☆

手を伸ばせば触れられそうな距離でのショーは
圧倒される迫力でしたよ!


イベントなどの詳細は
ギャラリー新宿座さんのページをご参照ください。
http://shinjukuza.jp/project/tousaku/


この倒錯展は、
あの伝説の展示会『背徳展』の、
姉妹版って言っていいのかな?
主催は同じ、優姫あさみさんです。

去年の11月11日~23日に開催された背徳展は、
来場者数も歴代に迫る
大ヒットの展示会となったそうです。
あさみさん、スゴ過ぎる・・・!

もちろん、作家さん達それぞれの力や頑張りが
あってこその大成功なのですが。
あさみさん自身はごく普通の女性(ですよね?w)なのに
これだけバラエティ豊かな作家さん達の個性を
一つの展示会にまとめ上げたなんて、
やっぱり只者じゃない・・・!

背徳展は、行く度に新しい出会いがあって、
世界が広がる不思議な空間でした。



倒錯展はまだ始まったばかり。
これから最終日(2月22日)に向けて
日に日にどんどん盛り上がっていくと思いますので、
是非、一度と言わず二度三度、
足を運んでみてください♪


私、明日も友達を連れて行って来ます(笑)


『倒錯展』

フェティッシュでSMな写真展♥
Shin3 2015 写真展

あなたがもし、SMの世界に興味があるのなら・・・
Shin3.(シン)さんの写真をご存じでしょうか?

Shin3.さんの撮るフェティッシュな写真は、
心の奥底に眠る世界
リアルに再現されていて、
もう、「スゴイ!」としか言いようがありません♥

一目見た瞬間に、惹き込まれて圧倒されます♥


そんな神的なShin3.さんの個展が
いよいよ今日から開催されます!!


【タイトル】
Fetish & Bondage Photo Exhibition
Sylvan (Small Box VI)」

【日時】 2月5日(木)~3月2日(月)

【場所】 板橋・カフェ「百日紅(ひゃくじつこう)

【営業時間】 14:00~23:00

【定休日】 火曜日、水曜日


私の写真も展示されてます(*´艸`*)


電子書籍業界の私が言うのも何ですが
写真本来の良さを知るにはやっぱり、
ネット上ではなく写真展に足を運んでいただいて、
本物に触れていただきたい!!!

カフェ百日紅さんのこだわりのハーブティーと
丹精込めたお菓子をいただきながら、
Shin3.さんの世界を堪能して下さいませ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。